横浜で一日葬儀を行う際のスケジュール

故人とのお別れの儀式として、古くから行われている式をしてお葬式があります。
近年では遺族の都合や故人の希望などによって様々な葬儀のスタイルが確立されており、各々に最も適した葬儀の形を自分たちで選択することが主流となっています。故人のためにも納得できる形で葬儀を行いたいですよね。

そんな新しい葬儀スタイルの一つとして一日葬儀を挙げることができます。一日葬儀とは通夜を行わず、故人の遺族や親族、親しい友人のみで行い、告別式と火葬を一日で行うスタイルの葬儀となります。少人数で心温まる葬儀を行いたいと考えている人や、高齢・遠方からの参列者への負担を軽くすることのできるスタイルであると言えるでしょう。

一日葬儀は横浜でも行うことが可能で、多数の業者が取り扱いをしています。横浜で行う場合、スケジュールはどのような形になるのでしょうか。

基本的なスケジュールとしては、寝台車で迎えに来たあと、最大で3日間程度業者の安置所に故人を安置することとなります。安置をしている間に役所への手続きや業者との打ち合わせを行うこととなります。
その後は納棺・告別式を行い、火葬場で火葬をすることとなります。地域や宗教によっては本来は7日目に行う初七日法要を式中で行うこともあります。初七日法要の式中で行うか否かや追加料金がかかるか否かなどは事前にしっかりと確認をしておきましょう。

火葬が済めば葬儀は終了となります。横浜に住んでいて、忙しくなかなか時間が取れない人でもこのスタイルであれば、安心して故人とお別れができますね。

横浜で葬儀をお探しの方はこちら
横浜での葬儀のお役立ち情報満載サイト!
葬儀に関するまめ知識をご紹介しております。
いざという時のために参考にしてください。

横浜で葬儀を行う際に必要な手続きとは

家族が亡くなり横浜で葬儀を行う際に、親族に亡くなった事を連絡をし、葬儀に関する全てにおいてサポ-トし、手伝ってくれる会社を決めると良いです。
病院からのご遺体の搬送や、安置、打ち合わせ、式場、火葬場の手配、火葬許可証の取得、祭壇など会場の設営など全てにおいてサポ-トして貰う事が出来ます。
ご家族が病院で亡くなった場合は、担当医師より死亡診断書を受け取り、自宅で亡くなった場合は、医師に死亡しているのか診断して頂いた後で死亡診断書を受け取る事になり、病院や自宅以外で亡くなった場合は、まず最初に警察に連絡して、警察の監察医が死体検案書を作成してくれます。
その死亡診断書を死亡の事実を知った日から7日以内に、親族や同居人が横浜の役所に提出し死亡届を行い、火葬許可証を貰わなくてはいけません。
火葬許可証は横浜で火葬が済んだ後に火葬済みの証印が押されて返却されますので、墓地に納骨する際に必要な書類になります。
しかしすでに葬儀を行ってくれる会社が決まっていれば、手続きを代行してくれますので相談すると良いです。
病院でお亡くなりになった場合は、ご遺体のお帰り先を決めなければいけませんので、自宅や霊安室などの専用施設に安置する事になり、病院からの搬送車の手配や自宅までの安置も手伝って貰う事が出来ますし、必要な手続きに対して柔軟に対応して貰う事が出来ますので、要望は全て伝え、相談する事で安心してお任せする事が出来ます。

横浜の自宅で葬儀をあげるときの基礎知識 

横浜の自宅で葬儀をあげるときの基礎知識については、今やさまざまなメディアにおいて紹介されることがあり、忙しい生活を過ごしている現代人にとっても大きなテーマの一つとして位置付けられています。
とりわけ、横浜の近辺にはたくさんの葬式をとり行う会社が展開していることもあり、少しでもリーズナブルなプランを選びたい場合には、日常的にスタッフに相談を持ち掛けることが良いとされます。
インターネット上では、大手の横浜の葬儀社のウェブサイトが開設されており、メールや電話などを利用することによって、費用の見積もりを提示してもらうこともできます。
ここ数年では、葬式のあげ方が大きく変化していることが知られており、それぞれのライフスタイルを尊重することはもちろん、価格帯についても大いにこだわりを持つことが重要です。
例えば、口コミサイトでは流行の葬式のパターンについてたくさんの特徴が取り上げられているため、遺族の意向を最大限に取り入れることができる会社を選択することが有効です。
もしも、自宅で葬式を用意するにあたっては、十分な知識が必要とされることもありますが、初心者にとっては情報収集が難しいことが知られています。
そこで、すでに葬式を上げたことのある人から直接的な意見を聞くことが良いとされ、本格的にプランを検討するうえでも役立てることができます。
今後も、横浜の葬式の特徴について関心を持つ人が増えるとみられています。